離婚の方法

離婚を考えている場合、話し合いで進めて行くことができる所謂「協議離婚」の場合は、離婚届を提出することで離婚できます。しかしながら、その場の勢いだけで進めて行くのは良くありません。離婚する前に話し合って決めるべきことがあります。お子さんがいる場合は、親権者や養育費などについて決める必要ももちろんあるでしょう。

また、協議離婚ができないような時は、「調停離婚」をすることになります。これは、家庭裁判所に調停申し立てを行い、調停委員が間に入って話し合いが進められていくといったものです。また、「審判離婚」というものもあり、こちらは家庭裁判所が離婚について判断します。夫婦の間で離婚については前向きにであっても、親権についてや財産分与について僅かな行き違いや意見の対立があって話しが進まないような時も審判離婚になります。

また、話し合いでも家庭裁判所での調停によっても解決できないような場合は、「裁判離婚」ということになります。離婚に合意せずに話しが進まないようなケースはもちろん、財産や子供の親権について意見がぶつかる場合はこの方法ととることがあります。裁判離婚をする場合は、長ければ一年以上かかることもあります。