良い弁護士を

離婚について揉めているような時は、弁護士に相談してみましょう。特に、相手側で弁護士に依頼している場合は、こちらも同じように弁護士に相談した方が良いかもしれません。その理由はいくつかあります。一つは、専門的な知識を持っている専門家がいることで、不利な解決をできるだけ避けつつ離婚することができます。ことらが法律について詳しくない場合、場合によっては相手の希望ばかりを尊重してしまいかねません。ですから、そういったことに詳しい人が必要なのです。

また、誰でも離婚する時は多くのエネルギーを消耗するものですが、その為冷静な判断ができなくなってしまう場合もあります。そんな時、弁護士が強い味方になり納得のいく離婚を目指して行くこともできます。但し、弁護士もそれぞれ考え方に違いがありますので、全ての弁護士がこちらの希望するタイプであるとは限りません。ですので、まずは相談してみてから判断することをお勧めします。

弁護士を選ぶ時は、こちらの気持ちを理解した上で相談に乗ってくれる人であり、こちら側の問題点(気になる点)などもしっかりと言ってくれる人。法律についてあまり詳しくない人にも、分かりやすく親身になって教えてくれるような人であることも条件の一つです。

離婚の方法

離婚を考えている場合、話し合いで進めて行くことができる所謂「協議離婚」の場合は、離婚届を提出することで離婚できます。しかしながら、その場の勢いだけで進めて行くのは良くありません。離婚する前に話し合って決めるべきことがあります。お子さんがいる場合は、親権者や養育費などについて決める必要ももちろんあるでしょう。

また、協議離婚ができないような時は、「調停離婚」をすることになります。これは、家庭裁判所に調停申し立てを行い、調停委員が間に入って話し合いが進められていくといったものです。また、「審判離婚」というものもあり、こちらは家庭裁判所が離婚について判断します。夫婦の間で離婚については前向きにであっても、親権についてや財産分与について僅かな行き違いや意見の対立があって話しが進まないような時も審判離婚になります。

また、話し合いでも家庭裁判所での調停によっても解決できないような場合は、「裁判離婚」ということになります。離婚に合意せずに話しが進まないようなケースはもちろん、財産や子供の親権について意見がぶつかる場合はこの方法ととることがあります。裁判離婚をする場合は、長ければ一年以上かかることもあります。

離婚に至る理由

誰もが幸せになりたい、幸せになれると信じて相手を選び結婚します。しかしながら、長い結婚生活において、価値観の違いや考え方の違いのほか、いろいろな原因によって別々の道を選びたいと考えることがあるかもしれません。ある調査によると、離婚したいと思う原因には、性格の不一致であったり、家族の間でのトラブルなどがあるとのこと。また、不倫や浮気が原因で離婚に至るケースも少なくありません。外から見れば、一見幸せそうに見えるような家庭であっても、本当のところは当人しか分からないもの。ゆえに、周囲の人に理解してもらうのが難しかったり、孤独になり易かったりと、どうしても自分を自分で責めたり追い込んでしまったりしがちなのです。

夫婦間で話し合って、お互い円満に離婚できるようであれば一番なのですが、中にはそれが難しい場合もあるでしょう。そんな時は、法の専門家に相談するのが良い場合もあるでしょう。場合によっては、裁判が必要になることもあります。弁護士さんに相談したい場合は、弁護士会に相談してみると良いでしょう。知り合いに弁護士さんがいない場合でも、安心して良い弁護士を探すことができます。或いは、法テラスに聞いてみてください。

しかしながら、離婚を考えている方はもう一度よく考えてから判断することをお勧めします。なぜなら、離婚した場合これからは今までとはまるで違う生活が始まるからです。当サイトは、離婚について紹介します。